×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MG νガンダムVer.ka ギャラリー


MG ν-ガンダム Ver.ka

ようやく、完成しました。
非常に作業量の多いキットでしたので
製作時間も想像以上にかかりましたが
なんとか完成できて一安心です。

それでは、完成ギャラリーといきましょう。

まずはノーマルモードから・・・
そして、フィンファンネルを装着。

やはり重量が有り過ぎるようで
素立ちでのファンネル装備だと
胴のフレームが若干反りますね。
腰は大丈夫なのですが・・・
メイン武装のビームライフル。

戦艦の主砲クラスの出力でありながら
本体からのエネルギー供給で
安定した性能を誇るそうです。
ν-ハイパーバズーカ。

ビームコーティングやIフィールドを搭載するMSが増える中、
やはり実弾兵器の標準装備は必須でしょう。
頭部90mmバルカンだけでは心許ないですしね。
近接格闘で威力を発揮するビームサーベル。

高機動なνの性能と相まって、
非常に強力な切り札になります。

メインサーベルの柄には鍔が有り、
また、サーベル自体の形状も刀風ですね。
サブサーベルは一般的なソード形状です。
Ver.kaならではのサイコフレーム発動モードでは
全身に埋め込まれたサイコフレームが
露出するようになっています。

アニメとは違う設定ですが、
これはこれでアリじゃないでしょうか。
専用のディスプレイでは
フィンファンネルを飛ばした状態で飾ることが出来るので
さらに幅広いポージングが可能です。

ただ、やってみるとファンネルの向きをそろえるのが
非常に難しい・・・
今回、ガンプラ初心者としてレベルアップを図るべく
プロポーションの改修をメインに各部に手を入れて製作しました。
このキットが発売されてから既に1年経っていましたので
情報は十分にありましたが、
それでも初心者には難しい内容になってしまいました。
でも、逆に考えると、簡単に出来てしまう事ばかりやっても
レベルアップしないと思いますので、
今回のνガンダム製作は非常に勉強になったのではないでしょうか?

失敗もありましたし、誤魔化した部分もあります。
なので、まだまだ「初心者」のレッテルは剥がせませんが
一歩ステップアップしたということで今後は「初心者+」を名乗ろうかと思います。
え?どうでもいいですか・・・そうですか・・・

それでは最後にカラーレシピを乗せて終了したいと思います。

(サフェーサーは白部分はガイアの白サフ、紺部分はクレオスのグレーサフを使っています。)
  • ボディホワイト:ピュアホワイト(G)+マーズライトグレー(G)>>艶消しクリアー(C)
  • ボディグレー :マーズライトグレー(G)+ピュアホワイト>>艶消しクリアー(C)
  • ボディブルー :インディブルー(C)+メタルブラック(C)+シャインレッド(C)>>艶消しクリアー(C)
  • ボディレッド:シャインレッド(C)+クリアーレッド(C)+ピュアホワイト(G)>>艶消しクリアー(C)
  • ボディイエロー:イエロー(C)+オレンジ(C)+ピュアホワイト(G)>>艶消しクリアー(C)


Go Back To Gallery Top