×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MG Hi-ν GUNDAM Ver.ka inner frame gallery


久々に自分用にプラモを作ろう。
そう思い立って作り始めたハイニューガンダムのフレームが完成しました。
依頼品やオークション出品前提では無いので
気楽に、かつ自由に製作しております。
また、これまでの行き当たりばったりではなく、
参考資料として雑誌に掲載された作例を用意し、大いに参考にさせて頂いております。
完全なコピーなど私の実力で出来る訳もない、とはいえ、単なる劣化コピーにならないように
それなりに自分のカラーを出せるように頑張っています。
それでは、ゆっくりとご覧ください。
フレームはメカサフ(ヘヴィ)をメインに塗装し、
ワンポイントでフレームメタリックを使用することで
地味ながらも、しっかりと主張するフレームを意識しました。
実際組んでみると、もう少しメタリックな部分を増やしてもいいかも・・・という感じです。

フレーム本体で大きな改修は行っていませんが
胸のダクト部分とふくらはぎにネオジム磁石を埋め込んでいます。
これは、H.W.Sを組む際に活きてくるはずです。
メタルパーツの使用は最低限にするつもりですが
やはりシャープなディティールをもつメタルパーツは何かと有効なので
ワンポイントで仕込んでいます。
頭部バルカン/肩関節/肘関節/膝関節にそれぞれメタルパーツを使用しました。
また、膝関節のパーツはマグネットセッターを使用。
これはH.W.Sを装備する際の受けになります。
膝のシリンダー/足首の球体ジョイント/(画像にはありませんが)肩のジョイント、
等にメタリックカラーを塗装しグロスで仕上げました。
いずれも目立つ部分ではありませんが
ふとした拍子に見える部分に変化を与えています。
バーニアにメタルパーツを使うかどうか、ずいぶん悩みましたが
今回はキット付属のものを加工して使用することにしました。
外側をフレームメタリックのグロス仕上げ、
内側をオレンジのマット仕上げにしています。
また、バーニアの縁を薄く加工することで
少しシャープに見せています。
専用のスタンドはバックパックに接続するもので
以前のニューガンダムVer.kaと共通です。
塗装がまだなので、このギャラリーで使用しているスタンドもニューガンダム用です。
ポーズを付けるにあたり、何か武器が無いと寂しい気がしたので
こちらもニューガンダムからハイパーバズーカを拝借。
ハイニューとは色合いは違いますが違和感は無いですね。
また、初使用となるLEDも組みこみます。
首下から光が漏れますが、外装を組めばマシになるはずです。
こういうギミックもなかなか楽しいですね。


次のギャラリー更新はハイニューガンダムの本体完成後になります。
鋭意製作中ですのでもうしばらくお待ちください。

Go Back To Gallery Top